システム活用事例と管理機能

パートの採用管理システムと介護業界の一例

近年は雇用の就職率が高くなり、条件にこだわらなければアルバイト、パートができる有効求人倍率が上昇する時代になってきています。アルバイト、パートの雇用もすぐにまた次に就職できるため、企業によってはすぐ辞めていく人も増えていますし、ホウレンソウなどもなく働いてくれない人も増えていて、人手不足による店舗の営業時間短縮や一時休業経営の影響などもありますが、その点でパートの採用管理システムというサービスが話題になってきています。
パートの採用を管理するシステムは、人材採用業務に特化したサービスであり、応募者を増やし、採用率をアップさせ、その分コストダウンにつなげるサービスとなっていて、パソコンはもちろんのこと、スマホやガラケー携帯でのコミュニティができるサービスであり、企業側からHPやメールで管理できるシステムの構築まで採用管理システムサービスが幅広くあります。人材採用にお困りの求人企業者様への架け橋となり、後に成果として表れていて話題になっているのでしょう。
パート管理システムの特化するところは個人事業主、飲食店などの小規模な職場になり、大企業ではほとんどが採用管理が徹底しているところにあります。話題になるほど雇用率が低いのが介護業界と聞きますし、介護は3Kともいわれていまして、ひと昔の土木建築業の3Kと同じ不人気な職場になっている点で、逆に介護業界では活躍するのではないかと筆者は考えます。

応募者情報を一元管理

パートを採用することは、多くの店舗で必要不可欠と言えます。しかしパートを採用したいと考えても、なかなか人が集まらないということも多いのです。そこで使われるパートの採用管理システムのメリットとはどのようなものなのでしょうか?
まずパートの採用管理システムを活用することで、人事担当の方の負担が軽減されます。例えば履歴書の管理や、現在応募してくれた方の選考状況や内定者の数といった細かい部分の管理など、1つのことでこれまで分割されていた多くのパート採用の情報が1つに集約されています。採用管理システムによっては応募動機毎に分けることが出来るため、人事担当者の仕事が大きく軽減出来ます。中小企業では代表者が自ら面接などを行う場合も多く、その手間だけでも相当なものになります。そういった面倒な情報の管理を1つで行えてしまい、尚且つ採用管理システムを見れば全ての情報が分かるというのは大きなメリットと言えますね。
人の情報の管理は厳重に行いたいものですが、人である以上今まで通りの管理方法ではミスが出てしまうこともあります。パートの採用管理システムを使うことで、応募者情報を一元管理出来るという大きなメリットがあるため、是非活用してみてはいかがでしょうか?