雇用主と労働者のより良い関係性

店舗と労働者のニーズをすり合わせ

企業や店舗などで採用管理システムを導入する機会が増えてきています。採用管理システムとは、応募者の受付から選考及び面接、そして採用に至るまでに必要な作業を一括管理してくれるシステムです。採用に至るまでの作業の負担を軽減し、情報を管理してくれるだけでなく、的確な情報分析も行ってくれます。そのように、大変便利な採用管理システムですが、さまざまな種類があります。大きく分けて新卒者を対象とするものと、一般・中途採用者を対象とするものに分かれます。その中でも、アルバイトやパート労働者を対象とする採用管理システムがあります。
パート労働者は個人によって、勤務可能な時間帯や雇用条件などが異なります。また、各店舗によっても状況が異なります。アルバイト・パート労働者向けの採用管理システムは、各店舗の状況を比較することができたり、応募者を属性ごとに分けて管理したりすることができます。例えば、この店舗ではこの曜日と時間帯に勤務可能な応募者が不足している、ということも簡単に確認することができるのです。応募時のこの情報管理は採用後のシフト作成などにも大きく役立ちます。採用に至るまでの間で、店舗と応募してきたパート労働者のニーズのすり合わせができるのです。

ここまできた高機能採用管理システム

最近は大きく需要を伸ばしているパートの採用管理システム。機能はどんどん充実しており、使う業者と使わない業者の差は歴然となりつつあります。とあるパート採用管理システムを例にして高い機能を紹介しましょう。まずはSEO効果です。納品段階で自社の採用サイトが大手検索サイトの上位に検索されるようになっており、応募者がパート募集情報を見つけやすくなっています。また、CM等でも話題の求人情報検索サイトにも掲載され、応募者の集客アップへとつなげます。加えて求人媒体サイトからの応募者データを取得でき、応募者への連絡がスピーディーに行われえるシステムとなっています。
また、連絡手段としてSMS機能が標準装備されております。これは従来であれば電話かメールで連絡するものですが、最近はメールを使わないという方が多いことやアドレス入力ミスがあるためせっかくの応募者を取り逃がしているというデータがあるのです。それをSMS機能であれば防ぐことが出来効率がアップします。
そのほか、スマホやタブレットでもサクサク使える管理者画面で外出先でも応募者対応が可能と利便性は抜群です。もちろんパートの採用管理システムの種類によって機能は様々ですが、予算やご事情に合わせてあらゆる業者でシステムがあります。これからは使うのが当たり前になるかも?前向きに検討してみることをオススメします。