具体的な人材採用の効率化ノウハウ

ミスマッチを防ぐためのジャッジポイント

人員不足のより、パートの採用で人員を確保する企業は多いと思います。しかし、パートの採用はミスマッチが多いのも現実問題としてあります。そのミスマッチをいかに防ぐかというのもパートの採用を行うために必要なスキルになってきています。では、そのパートの採用のミスマッチを防ぐためのジャッジポイントを2つ紹介していきます。
【①どの仕事をどのようにこなしてほしいかを明確にする】
パートで入社をした場合、必ず作業をお願いすることになりますよね。その際に、仕事のゴール地点を設置すると思います。その内容を予め面接などで本人に伝え「できるかできないか」を聞くことが大切になります。この質問をすることにより「わたしはパートだからできません」という言い訳を回避することができます。また、入社後のイメージを面接時にできることは、求職者としても嬉しいことです。企業に対し信頼することができれば仕事の質も上がってきます。信頼させるという姿勢を早めに見せることはパートの採用におけるミスマッチを防ぐポイントとなります。
【②求める人材像を明確にする】
これは採用担当者に求めることです。どんな人材を求めているのかの物差しが正確であればあるほど採用のミスマッチは防ぐことができあます。以上を踏まえることで、パートの採用のミスマッチを防ぐことができます。

面接から採用まで無理を無くす

まずシステムを導入するメリットは、何と言っても作業の効率化にあります。パートさん求人や採用まで全てが効率化出来ます。
応募が集中して、面接の連絡を忘れてたなんてことは無いでしょうか?履歴書の山の中に素晴らしいパートさんが埋もれていた可能性もあります。システムを導入すると、あらかじめ面接者の予定を入れることが出来るので面接希望者に即座に日時の連絡が出来ます。
また、履歴書の管理等もシステム内で出来ます。データ化できるので無くすこともないですし、探したりする時間を削減できます。また、SEO対策が含まれているシステムもあります。検索上位に来るので、HPをお持ちの企業はヒット率が格段に上がります。
求人誌に採用の募集を出した場合もその結果をデータ化してくれます。募集時期や枠の大きさや各媒体ごとの反応等が目に見えて分かるようになり、次のパート採用に役立ちます。
また、クラウド化しているシステムがほとんどですので、人事部だけでなく企業内の各部署でデータを共有できます。これまで紙で回していた採用情報をデータで素早く共有できます。目に見えない時間というものを削減できます。
また、企業内にも良い事があります。担当した面接官の情報をデータ化出来ます。退職した人材の面接したのは誰か?なんていう事も数字で出せるようです。見る所や聞く所が社内で統一出来て、離職率が下がるという事もあるようです。

そしてこの傾向は、今後、大きな改善は見込めません。 導入社数No.1 応募数や業務効率など様々な採用課題を解決する採用システム[リクオプ(Recop)]。 非正規雇用領域の「採用改革」とも言うべき「リクオプ」は、今後もお客様の採用課題解決、事業成長への貢献をコミットしていきます。 一般的なパート採用に関する詳細